memo

時々、近況

迎春

初詣に行ったり、夫の実家に行って甥っ子たちと遊んだりした。いくらやカニを食べて、お餅も栗きんとんも食べた。今日は初売りへ。お正月を満喫している。

 

家族はいいなあ。親戚が集まるというのが良い。

12月30日

歳末の新宿伊勢丹に行った。活気のある売り場はそれだけで華やかだ。

20年後もこうであったら良いなと思うけど、国の未来予想を見ると、難しいのかなとも思う。

街から人が少なくなったらきっと寂しい。

 

美味しいものが食べたい。見た目はあまり良くなくてもいい、と思ったけど、美味しいものは大体見た目も美味しそう。

 

日々

23日は大分に行き、24日は結婚式を挙げた教会のミサに行った。

 

少し前に夫からiPad Proをもらった。「早めのクリスマスプレゼントです」と夫は言う。「クリスマス、何が欲しいですか」と聞いたら「何もいらない」と言う。「一緒に旅行してくれたらそれでいいです」

 

25日はささやかなパーティーをした。夫と2人で家でケーキを食べて、暖かい部屋でたくさんの時間を一緒に過ごした。

 

26日、先に眠った私の頭を持ち上げて、枕を直してくれる夫の気配を感じながら、再び眠った。

近くて遠い

ふとした時に、目を閉じて冬の雪深い景色を想像する。そうすると心の中が、一瞬、しん、とする。

 

考えなくてはならないことがたくさんあるようにも思うし、案外考えなくても行動してしまえば簡単なことなのかもしれない。悩んでいる時間が勿体ないのは確かだ。

 

毎日夫と話をする。彼は常に未来の計算をし続けている。

 

 

 

 

10月15日

夜、眠ろうとしたら部屋にトンボがいた。夫と2人で「トンボだねえ」「珍しいねえ」と言いながら外に逃がした。シオカラトンボだった。

 

母親から荷物が届いた。シンプルなデザインの暖かそうな冬用スリッパと、しょうがを5個と、レモンの蜂蜜漬けと、季節の和三盆。父と母は今ごろ大分にいるはずだ。

 

夫が家で仕事をすると言うので、私は電車に乗って出かけることにした。いつも降りる渋谷駅を通り過ぎて、その少し先へ。

 

 

夢のような

手術から10日が経った。術後の経過は良好で、徐々に日常に戻りつつある。

 

気がつけば季節は過ぎ、秋になっていた。思い出の中の夏は、どの夏も儚い。

 

夢のような夏だった。